富士市でピアノを習うなら

長谷川音楽教室

まむし指の直し方

      2018/03/23

富士市の個人ピアノ教室
長谷川ピアノ教室の長谷川です

 

レッスンをしていたら、小学2年生の生徒さんの親指がまむし指になっているのを発見!

「これは大変!」
ということで、早速ゴムを使ってまむし指の矯正を始めました!

 

まむし指とは、親指の付け根が中に引っ込んでしまう弾き癖のことです。

なぜ、まむし指がよくないかと言うと、親指の付け根が中に引っ込んでしまうと
音を出すのにかなりの力が必要になり、音の粒が綺麗に揃わなくなってしまうから。

この癖は指の関節の弱い、幼いうちからピアノを始めた子に多く見られます。

 

矯正方法は、ゴムを使います。

富士市 ピアノ教室

ゴムで小さな輪っかを作り、親指を通します↑

富士市 ピアノ教室

ゴムでもう1つ大きな輪っかを作り、体にかけます↑

たったこれだけですが、親指の付け根が綺麗に外側に出ています☆

 

ゴムは市販のもので、7ミリ幅のものを使用していますが、もう少し太くてもいいと思います。

ゴムの長さと強度は、その子の体格・指の長さに合わせて調整します。
強度が弱すぎると意味がありませんし、かと言って強すぎると指に負担がかかってしまいます。

どの練習に使うのがいいかというと、ハノンやツェルニーの左手の練習などに使うのがオススメ!
目でしっかり指の形を確認しながら、練習します。

 

まむし指を放っておくと、音の粒が揃わないだけでなく、オクターブを弾く時に手が開かず、弾けない曲も出てきてしまうので、まむし指を見つけたらすぐに矯正するようにしています。

指の形は、とても大事。
気長に直していきましょうね^^

 

 

 

 - ピアノ練習方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

富士市 ピアノ教室
暗譜について

富士市の個人ピアノ教室 長谷川ピアノ教室の長谷川絢香(はせがわあやか)です &n …

富士市 ピアノ教室
毎日の練習は暗黙の了解

私のお教室では、毎日の練習は暗黙の了解になっています。 最低でも1日15分、本番 …

富士市 ピアノ教室 ドレミ
小さい子にとって、楽譜を読むことと演奏することは別物

小さい子にとって、楽譜を読むことと演奏することは別物。 ですので、いくつもステッ …