富士市でピアノを習うなら

長谷川音楽教室

ブルグミュラー25の練習曲

   

富士市の個人ピアノ教室
「長谷川音楽教室」の長谷川です^^

今日は、ブルグミュラーの25の練習曲についてお話したいと思います♪

バイエルや、みんなのオルガン・ピアノの本を進めていくと併用曲として、ブルグミュラーの25の練習曲に入るのが一般的です。

ブルグミュラーには25の練習曲、18の練習曲、12の練習曲があり、最も有名なのがこの25の練習曲です。

ブルグミュラーはドイツのピアニスト兼作曲家で、ショパンやリストのように大曲はありませんが、バイエルに次いで子供の為の有益な練習曲を書いた作曲家と言われています。

 

ブルグミュラーについて

富士市 ピアノ教室 ブルグミュラーブルグミュラーは、1806年生まれで、ベートーヴェンの35年あとに生まれました。

若い頃から作曲家、ピアニストとして主にドイツで活躍し、20代の頃に(1832年)パリに移りました。

それから1874年に亡くなるまで、パリで演奏や作曲活動をし、その間教育用のピアノ小品やバレエ音楽などを作曲しました。

25の練習曲について

25の練習曲の中には、全部で25曲の短い作品が含まれています。

1. 素直な心 La Candeur

2.アラベスク  L’ Arabesque

3. 牧歌  La pastoral

4. 子供の集会 La petite Reunion

5. 無邪気 Innocence

6. 進歩 Progres

7. 清い流れ Le Courant limpide

8. 優美 La Gracieuse

9. 狩猟 La hasse

10. やさしい花 Tendre Fleur

11. せきれい La Bergeronnette

12. さようなら L’ adieu

13. なぐさめ Consolation

14. スティリアの女 La Styrienne

15. バラード Ballade

16. 小さな嘆き Douce Plainte

17. おしゃべり La Babilarde

18. 心配 Inquietude

19. アベ マリア Ave Maria

20.タランテラ La tarentelle

21. 天使の声 L’ Harmonie des Anges

22 舟歌 Barcarolle

23. 帰途  Le Retour

24. つばめ L’ Hirondelle

25.貴婦人の乗馬 La Chevaleresque

一曲一曲に短い表題がついているのが特徴で、
この表題がついている音楽のことを「表題音楽」といい、ロマン派音楽の大きな特徴とされています。

ブルグミュラーがなぜ子供のピアノに向いているのか

■一曲一曲が短め

■オクターブで弾くところが一つもない

■楽しい曲が多い

などのことから、ブルグミュラーは初歩のこども向きの曲集としても適切な教材だと言えます。

ブルグミュラーの作品から推測してみる

「ブルグミュラーは左利きだったのでは?」と言われています。

「バラード」の弾きにくい左手の旋律、
「アラベスク」にも左手の旋律が出てきますし
「小さな嘆き」も左手の旋律がでてきますね。

ブルグミュラーさん本人に確かめることはできませんが、あれこれ想像しながら弾くのも楽しいですね^^

おすすめのCD

富士市 ピアノ教室 ブルグミュラー

教室にあるCDです。

是非、お手本にしていただきたいのが田村宏先生のCD(写真右)。
正統派の演奏なのでお子さんのお手本にピッタリです。

私のオススメはクリストフ・エッシェンバッハのCD(写真左)。
エッシェンバッハの解釈がかなり入っているので、お手本には向かないかもしれませんが、作品としての美しさが感じられる一枚です。

まとめ

ブルグミュラーの25の練習曲は、美しい作品が多く、お子さんが弾いたら素晴らしい曲ばかりです。
穏やかな曲、楽しい曲、悲しい曲、激しい曲など、それぞれの性格を感じ取れた時に、きっと情緒溢れる人間に成長できると思います。
是非、心豊かに弾いて下さいね。

 

 

 - 作曲家について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

関連記事はありませんでした