富士市でピアノを習うなら

長谷川音楽教室

絶対音感とは

絶対音感とは?

絶対音感とは、聴いたすべての音をドレミで答えられる能力のことを言います。

完璧な絶対音感がつくと、電車のガタンゴトンという音や、机をたたいた音も、ドレミで答えることができるようになります。

耳は成長が止まるのが早いため、6歳半までに絶対音感トレーニングを始めないと身につかないという研究結果が出ており、トレーニングを始める年齢が幼いほど、身につけやすいとされています。

長谷川音楽教室では、絶対音感習得後は、相対音感も身につけます。

 

 響きを聴く力を育てる

絶対音感と相対音感は技術として、ただ身につければいいというものではありません。

いかに、演奏に落とし込んでいくかが重要です。
音の響き(重なり)を聴く、相手の音を聴く、という力を小さい頃から養うことが大切なのです。

その一環として、長谷川音楽教室ではピアノを始めて1年目の生徒さんから、講師との連弾を積極的に取り入れています。

 

長谷川音楽教室
富士市中島207-1